« 労働安全コンサルタント試験 過去問題 | トップページ | 安全な店舗づくりの進め方 »

労働安全コンサルタント試験 過去問題

過去問題


問 事業場における安全衛生教育の手法の1つ

  であるOJT教育に関する次の記述のうち、

  適切でないものはどれか。



① 仕事につけたまま行う教育のことであり、現在

  担当している仕事、近い将来担当する仕事に

  直結する問題解決能力、職務遂行能力の向上

  を目指した教育である


② 受講者が仕事をする中で、指導者の行動を

  模倣し、試行錯誤を繰り返しながら、必要な

  知識、技術を身につけていく教育である


③ 単に知識、技術だけでなく心構え等態度も

  身につき、その教育の結果がすぐに仕事に

  反映される


④ 教育の場が職場であり、他の教育手法に

  比べて、その推進上、指導者、訓練者ともに

  負担が軽くてすみ、指導者自らの指導能力を

  知ることもできる


⑤ 災害発生数の多い事業場において実施され

  るもので、災害発生事例やヒヤリ・ハット事例を

  もとに行う実践的で実務的な教育であり、一度

  に多くの人に知識を与えることができる






解答は、コメントへ





|

« 労働安全コンサルタント試験 過去問題 | トップページ | 安全な店舗づくりの進め方 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント


答  ⑤

投稿: 解答 | 2011年9月13日 (火) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験 過去問題 | トップページ | 安全な店舗づくりの進め方 »