« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 足場からの墜落防止措置 »

労働安全コンサルタント試験 練習問題

問 37 最終確認チェック 

      安全衛生管理体制に関する次の記述に

       ○×をつけて下さい。



1、都道府県労働局長は、労働災害を防止するた

  め必要があると認める時は、事業者に対して、

  総括安全衛生管理者の解任を命じることが

  できる。



2、事業者は、高等学校において理科系統の

  正規の学科を修めて卒業した者で、その後

  5年以上産業安全の実務に従事した経験を

  有する者を衛生管理者として選任することが

  できる。



3、安全管理者は、少なくとも毎週1回作業場を

  巡視し、設備、作業方法等に危険のおそれ

  があるときは、直ちに、その危険を防止する

  ために必要な措置を講じなければならない



4、常時1300人の労働者を使用する事業場に

  おいては、4人以上の衛生管理者を選任し、

  そのうちの少なくとも1人を専任の衛生管理

  者としなければならない



5、都道府県労働局長は、必要であると認める

  場合には、常時50人未満の労働者を使用す

  る2以上の事業場で、同一の地域にあるもの

  について、共同して衛生管理者を選任するこ

  とを勧告することができる



6、労働基準監督署長は、労働者の健康障害を

  防止するため必要があると認めるときは、

  事業者に対し、産業医の解任を命じることが

  できる



7、常時1000人以上の労働者を使用する事業場

  においては、事業者は、2人以上の産業医を

  選任しなければならない



8、常時10以上50人未満の労働者を使用する事

  業場においては、事業者は、業種を問わず、

  安全衛生推進者を選任しなければならない




回答は、コメントへ




 

|

« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 足場からの墜落防止措置 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

問 37

答 1、×
  2、×
  3、×
  4、○
  5、○
  6、×
  7、×
  8、× 

投稿: 回答 | 2010年10月18日 (月) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 足場からの墜落防止措置 »