« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験 練習問題

問 33 くい打ち機等の倒壊を防止する措置で

     誤っているのはどれですか。



1、軟弱な地盤に据え付ける時は、脚部又は架台

  の沈下を防止するため、敷板、敷角等を使用

  すること



2、施設、仮設物等に据え付ける時は、その耐力

  を確認し、耐力が不足している時は、これを

  補強すること



3、脚部又は架台が滑動するおそれのある時は、

  くい、くさび等を用いてこれを固定させること



4、控えのみで頂部を安定させる時は、控えは、

  2以上とし、その末端は、堅固な控えぐい、

  鉄骨等に固定させること



5、バランスウェイトを用いて安定させる時は、

  バランスウェイトの移動を防止するため、

  これを架台に確実に取り付けること




回答は、コメントへ




|

« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

問 33

答  4

控えは、3以上です。

投稿: 回答 | 2010年10月12日 (火) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »