« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験 練習問題

問 32 通風又は換気が不十分な場所で、可燃

     性ガス及び酸素を用いて溶接、溶断又は

     金属の加熱の作業を行う時の措置で

     誤っているのはどれですか。




1、ガス等のホース及び吹管は、損傷、摩擦等に

  よるガス等の漏えいのおそれがないものを

  使用すること



2、ガス等のホースと吹管及びガス等のホース相互

  の接続箇所については、ホースバンド、ホース

  クリップ等の締付具を用いて確実に締め付けを

  行うこと



3、ガス等のホースにガス等を供給する時は、あら

  かじめ、当該ホースにガス等が放出しない状態

  にした吹管又は確実な止め栓を装着する前に

  行うこと



4、使用中のガス等のホースの供給口のガス等の

  バルブ又はコックには、使用者の名札を取り付

  ける等ガス等の供給についての誤操作を防止

  するための表示をすること



5、溶断の作業は、吹管からの過剰酸素の放出に

  よる火傷を防止するため、十分な換気を行う

  こと




回答は、コメントへ




|

« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

問 32

答 3

吹管又は確実な止め栓を装着した「後」に
行うこと

投稿: 回答 | 2010年10月 7日 (木) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »