« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験 練習問題

問 26 停電作業に関する次の記述のうち

      誤っているのはどれですか。



1、開路に用いた開閉器に、作業中施錠し若しくは

  通電禁止に関する所要事項を表示し、又は監視

  人を置くこと



2、開路した電路が電力ケーブル、電力コンデンサー

  等を有する電路で、残留電荷による危険を生じる

  おそれのあるときは、安全な方法により残留電荷

  を確実に放電させること



3、開路した電路が高圧又は特別高圧のものは、検

 電器具により停電を確認し、かつ、誤通電他の電路

 との混触又は他の電路からの誘導による感電危険

 を防止するため囲いを取り付けること



4、開路した電路に通電しようとする時は、あらかじめ

 、作業従事労働者に感電危険がないこと及び短絡接

 地器具の取外しを確認した後でなければ行っては

  ならない



5、高圧又は特別高圧の電路の断路器、線路開閉器等

  の開閉器で、負荷電流を遮断するためのものでない

  ものを開路する時は、開閉器の誤操作防止のため

  必要な措置を講じること




回答は、コメントへ




 

|

« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

問 26

答  3

囲いではなく短絡接地器具を用いて確実に短絡接地すること。

投稿: 回答 | 2010年9月27日 (月) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »