« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験 練習問題

問 23 潜函内作業に関する次の記述のうち

     誤っているのはどれですか。



1、潜函又は井筒の内部で明り掘削作業を行う

  時は、沈下関係図に基づき、掘削の方法、

  積荷の量等を定めること



2、潜函又は井筒の内部で明り掘削作業を行う

  時は、刃口から天井又ははりまでの高さは、

  1,8m以上とする



3、潜函、井筒、たて抗、井戸その他これらに準ず

 る建設物又は設備の内部で明り掘削作業を行う

 時、酸素が過剰になるおそれのある時は、酸素

 濃度を測定する者を指名して測定を行わせる

 こと



4、労働者が安全に昇降するための設備を設け

  ること



5、掘り下げの深さが10mを超える時は、当該

  作業を行う箇所と外部との連絡のための電話

  、電鈴等の設備を設けること





回答は、コメントへ




  

|

« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

問 23

答  5

10mでなく20mです。

投稿: 回答 | 2010年9月23日 (木) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »