« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験 練習問題

問 11  次の温度及び湿度に関する記述のうち

      誤っているのはどれですか。




1、屋内作業場に多量の熱を放射する溶融炉等が

  ある時は、加熱空気を直接屋外に排出し、又は

  輻射熱から労働者を保護する措置を講じること



2、加熱された炉の修理に際しては、適当に冷却した

  後でなければ、労働者をその内部に入らせないこと



3、作業の性質上給湿を行う時は、有害にならない

  限度で行い、かつ、噴霧には清浄な水を用いる

  こと



4、坑内における気温を28℃以下とすること。

  ただし、高温による健康障害防止に必要な

  措置を講じて人命救助又は危害防止の作業

  をさせる時は、この限りでない。



5、気温が28℃を超え又は超えるおそれのある

  坑内作業場は、半月以内ごとに1回、定期に

  作業場の気温を測定すること。



答はコメントへ





|

« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

労働安全の知識」カテゴリの記事

コメント

問 11

答  4

坑内における温度は37℃以下にすること

投稿: 回答 | 2010年9月 2日 (木) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »