« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験 練習問題

問  27



ずい道支保工の危険の防止に関する次の記述の

うち、鋼アーチ支保工で定めるもので誤っているも

のはどれですか。




1、ずい道等の出入口の部分には、やらずを設ける



2、建込み間隔は、2m以下



3、つなぎボルト及びつなぎばり、筋かい等を用いて

  主材相互を強固に連結する



4、主材がアーチ作用を十分に行うようにするために

  くさびを打込む等の措置を講ずる



5、肌落ちにより労働者に危険を及ぼすおそれのある

  ときは、矢板、矢木、ライナープレート等を設ける




回答は、コメントへ





|

« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

練習問題」カテゴリの記事

コメント

問  27


答  2

投稿: 回答 | 2009年9月15日 (火) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »