« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験 練習問題

問 12



職業性疾病等に関する次の記述のうち、


誤っているものはどれですか。




1、鉄、アルミニウムなどの金属粉じんは、


  じん肺を起こすことがある。



2、電離放射線の被ばくによって、白血病が


  起こることがある。



3、金属熱は、金属の溶解作業中に、高湿環境


  により体温調整中枢が障害を受けたために


  起こる熱中症である。



4、振動障害の特徴的な症状の一つである


  レイノー現象は、冬季に発生しやすい



5、潜水業務における減圧症は、浮上後に


  発症しやすい。




回答は、コメントへ




|

« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »

練習問題」カテゴリの記事

コメント

問 12

答  3


投稿: 回答 | 2009年8月20日 (木) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験 練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験 練習問題 »