« 労災保険の知識 | トップページ | 再発防止対策の要請 »

労災保険の知識

労働安全コンサルタントが知って得する

労災保険の知識     NO,14





労災保険給付に関する費用徴収事例




(事例;重大災害ではあるが、違反が災害の直接

    原因とはいえない例)




旅館で使用されていた鋳鉄製温水ボイラーの重油

タンクに雨水が入り、燃焼状態が不良となっていたが

雨水混じりの重油を取り除き、運転を再開したところ、

突然爆発し、ボイラー室と隣接する厨房で作業してい

た調理員ら3名が被災した。このボイラーは、使用を

休止した後、使用再開検査を受けていなかったもので

ある。事業主は、この事故に関連して労働安全衛生法

第38条、ボイラー安全規則第46条違反により書類送

検された。





本件は、事故調査の結果、ボイラーが爆発した原因は、

重油タンクに雨水が混入し、燃焼が停止したが、高温

となった炉内で、気化した重油が爆発したものと推定

された。この事故に関連して、事業主は書類送検され

たものであるが、これは、手続きの不備を指摘した違反

であり、当該違反が直接の原因とはいえず、事業主が

当該規定に明白に違反したため、事故を発生させた

とは認められないことから、費用徴収すべき事案では

ない。





|

« 労災保険の知識 | トップページ | 再発防止対策の要請 »

労災保険」カテゴリの記事