« 労災保険の知識 | トップページ | 労災保険の知識 »

労災保険の知識

労働安全コンサルタントが知って得する

労災保険の知識      NO、12





労災保険給付に関する費用徴収事例



(構造規格に適合しない特定機械を無許可

で製造・使用し重大災害を起し書類送検

された例)




事業主Yは、ボイラーに該当する装置を自身で

製作し、これを使用して鶏肉を釜茹でするため

の大量の湯を沸かしていた。また、ボイラーに

取り付けた圧力弁の圧力を上げて使用するた

めにフタの改造などをしていたが、このボイラー

が爆発し、付近で作業していた労働者3名が

大火傷した。本件は、構造規格違反が明らか

であることから、事業主Yは書類送検された。





本件は、構造規格に適合しないボイラーを

無許可で製造し、それを使用したことを直接

原因とする災害であることは明らかであり、

かつ一度に3名の労働者が被災する重大災害

で、書類送検された事案であり、事業主が故意

又は重大な過失により生じさせた業務災害の

原因である事故として、費用徴収すべき事案。





|

« 労災保険の知識 | トップページ | 労災保険の知識 »

労災保険」カテゴリの記事