« 労災保険の知識 | トップページ | 労災保険の知識 »

労災保険の知識

労働安全コンサルタントが知って得する

労災保険の知識          NO.9





労働者の故意の犯罪行為若しくは重大な過失

による事故




《無免許運転による事故》




(事例:通勤中の災害)


労働者Aは、無免許であったにもかかわらず、



2年間マイカーで通勤しており、勤務終了後



自宅へ向かう途中、電柱に激突し骨折等を



負った。





本件労働者Aは、車の運転免許を一度も


取得したことはなく無免許運転をしていた


ものであり、通勤のための合理的な方法


とは認められないことから、通勤災害とは


認められない。





|

« 労災保険の知識 | トップページ | 労災保険の知識 »

労災保険」カテゴリの記事