« 有害物ばく露作業報告について | トップページ | 労災保険の知識 »

労災保険の知識

労働安全コンサルタントが知って得する


労災保険の知識





労働者災害補償保険法第12条の2の2

(支給制限)




①労働者が、故意に負傷、疾病、障害若しくは


  死亡又はその直接の原因となった事故を生じ


  させたときは、政府は、保険給付を行わない。



②労働者が故意の犯罪行為若しくは重大な過失


  により、又は正当な理由がなくて療養に関する


  指示に従わないことにより、負傷、疾病、障害


  若しくはこれらの原因となった事故を生じさせ、


  又は負傷、疾病若しくは障害の程度を増進


  させ、若しくはその回復を妨げたときは、政府は


  保険給付の全部又は一部を行わないことがで


  きる。





労災保険給付に関する支給制限事例




1、労働者の故意による事故



《事例1 保険金目的の故意の事故》



工場従業員がプレス機械で左手薬指、小指


末節部を切断するという事故が発生し、療養、


休業、障害補償給付の請求があったが、事故


調査の過程で、現認者がいない一人作業で


あったこと等不自然な点があったほか、被災者


に対して消費者金融から時々電話があったとの


事務員の証言等があったことから追求したところ、


借金を返済する目的で自傷したことを認めた。



本件は、故意による事故であることが明らかで


あることから、業務上の災害とは認められない。








  

|

« 有害物ばく露作業報告について | トップページ | 労災保険の知識 »

労災保険」カテゴリの記事