« 試験問題解説 | トップページ | 試験問題解説 »

試験問題解説

 - 11




特定元方事業者、機械等貸与者等の講ずべき


措置に関する次の記述のうち、労働安全衛生


法令上誤っているのはどれか。





答  -  4




法第33条の機械等貸与者等の講ずべき措置



の規定で、該当する機械は、安衛施行令第10



条に規定されています。




①つりあげ荷重0,5トン以上の移動式クレーン




②ブルドーザー、トラックターショベル等、


  整地・運搬・積込み用車両系建設機械



③パワーショベル、ドッラッグショベル、バッケット


  掘削機械等、掘削用車両系建設機械




④くい打ち機、くい抜き機、アースドリル等


  基礎工事用車両系建設機械




⑤ローラー等、締固め用車両系建設機械




⑥コンクリートポンプ車等、コンクリート打設用


  車両系建設機械




⑦ブレーカー等、解体用車両系建設機械




⑧不整地運搬車




⑨作業床高さ2m以上の高所作業車




フォークリフトは、上記の機械にはありません。



答の3は、化学設備の非定常作業における


安全衛生のためのガイドラインに詳しく説明が


ありますので、一度確認をおすすめします。








 

|

« 試験問題解説 | トップページ | 試験問題解説 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事