« 現代の名工 | トップページ | 試験問題解説 »

試験問題解説

問  -  8


高圧の電路を開路して、当該電路の点検の電気


工事の作業を行う時、労働災害を防止するため


事業者が講じた措置に関する次の記述のうち、


労働安全衛生法令上違反となるものはどれか。





答 - 2





解説


労働安全衛生規則 第339条


電路を開路して、電路又はその支持物の敷設、


点検、修理、塗装等の電気工事を行う時は、


当該電路を開路後に、所定措置を講じること。



二 開路した電路が電力ケーブル、電力コン


  デンサー等を有する電路で、残留電荷に


  よる危険を生ずるおそれのあるものにつ


  いては、安全な方法により当該残留電荷


  を確実に放電させること。





|

« 現代の名工 | トップページ | 試験問題解説 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事