« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

労動災害発生状況

平成20年における



労働災害発生状況(速報)




死傷災害基礎データー




厚生労働省ホームページから




労働災害発生状況





|

休憩

B28a003




筆記試験は、いかがでしたか?




口述試験は発表後すぐです。



でもしばらくは、休憩!!!





|

試験問題解説

問 - 15



常時80人の労働者を使用し、動力プレスを



15台有する金属製品製造業の事業場から


労働安全コンサルタントに安全診断の依頼



があった。安全診断の結果、労働安全衛生



法令上、違反となるものはどれか。





答 - 3




『解説』



労働安全衛生規則 第134条の2


(切替スイッチのキーの保管等)



事業者は、動力プレスによる作業のうち令6条



第7号の作業以外の作業を行う場合において、



動力プレス及びその安全装置に切替えキー



スイッチを設けたときは、当該キーを保管する者



を定め、その者に当該キーを保管させなければ



ならない。





|

試験問題解説

問 - 14



計画の届出等に関する次の記述のうち、労働



安全衛生法令上、誤っているものはどれか。





答 - 5




『解説』



有資格者の工事計画等への参画




労働安全衛生規則別表9 参照





|

試験問題解説

問  - 13



労働者の就業に当たって事業者が講ずべき措置に



関する次の記述のうち、労働安全衛生法令上、



誤っているのはどれか。





答 - 4



『解説』



労働安全衛生規則第314条



ガス溶接作業主任者は、ガス溶接技能講習



修了した者ではなく、ガス溶接作業主任者免許



を有する者のうちから選任です。





|

試験問題解説

問 -12



機械等の規制に関する次の記述のうち、労働


安全衛生法令上、正しいものはどれか。





答 - 3





解説



労働安全衛生法代43条の2により正しい。




間違いやすいのは、5で



あらかじめ変更届を提出するのは、



ボイラー、第1種圧力容器です。



つまり、小型ボイラーは除かれます。





|

試験問題解説

 - 11




特定元方事業者、機械等貸与者等の講ずべき


措置に関する次の記述のうち、労働安全衛生


法令上誤っているのはどれか。





答  -  4




法第33条の機械等貸与者等の講ずべき措置



の規定で、該当する機械は、安衛施行令第10



条に規定されています。




①つりあげ荷重0,5トン以上の移動式クレーン




②ブルドーザー、トラックターショベル等、


  整地・運搬・積込み用車両系建設機械



③パワーショベル、ドッラッグショベル、バッケット


  掘削機械等、掘削用車両系建設機械




④くい打ち機、くい抜き機、アースドリル等


  基礎工事用車両系建設機械




⑤ローラー等、締固め用車両系建設機械




⑥コンクリートポンプ車等、コンクリート打設用


  車両系建設機械




⑦ブレーカー等、解体用車両系建設機械




⑧不整地運搬車




⑨作業床高さ2m以上の高所作業車




フォークリフトは、上記の機械にはありません。



答の3は、化学設備の非定常作業における


安全衛生のためのガイドラインに詳しく説明が


ありますので、一度確認をおすすめします。








 

|

試験問題解説

問 - 10



つり上げ荷重が3トン以上のクレーン又は移動


式クレーンについて事業者が講ずべき措置に


関する次の記述のうち、労働安全衛生法令上


誤っているものはどれか。





答 - 4




解説



特例報告書(様式十号)を提出するのは、


クレーン等安全規則第23条、第109条により


クレーン又はデリックです。





|

試験問題解説

問 - 9



ボイラー(小型ボイラーを除く)及び第1種圧力


容器の労働災害防止のため事業者が講じた


措置に関する次の記述のうち、労働安全衛生


法令上違反となるものはどれか。




答 - 1




解説



ボイラー及び圧力容器安全規則 第21条




事業者は、ボイラー、ボイラーに附設された


金属製の煙突又は煙道の外側から0,15m


以内にある可燃性の物については、金属以外


の不燃性の材料で被覆しなければならない。




|

試験問題解説

問  -  8


高圧の電路を開路して、当該電路の点検の電気


工事の作業を行う時、労働災害を防止するため


事業者が講じた措置に関する次の記述のうち、


労働安全衛生法令上違反となるものはどれか。





答 - 2





解説


労働安全衛生規則 第339条


電路を開路して、電路又はその支持物の敷設、


点検、修理、塗装等の電気工事を行う時は、


当該電路を開路後に、所定措置を講じること。



二 開路した電路が電力ケーブル、電力コン


  デンサー等を有する電路で、残留電荷に


  よる危険を生ずるおそれのあるものにつ


  いては、安全な方法により当該残留電荷


  を確実に放電させること。





|

現代の名工




「現代の名工」




卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目さ



れている技能者を表彰するもので、昭和42年



以来、技能者の地位向上及び技能水準を向上



が図られています。



この度、150名が表彰されました。



技能者表彰名簿他、下記厚生労働省ホームページを

ご覧下さい。





「現代の名工」




|

試験問題解説

問  -  7

爆発、火災等を防止するため事業者が講じた措置


に関する次の記述のうち、労働安全衛生法令上、


違反となるものはどれか。





答  -  5




解説


(発破の作業の基準)


第318条


点火後、装てんされた火薬類が爆発しないとき、


又は装てんされた火薬類の爆発の確認が困難


な時は、次に定めるところによること。



イ、電気雷管によった時は、発破母線を点火器


  から取外し、その端を短絡させておき、かつ


  再点火できないように措置を講じ、その後


  5分以上経過した後でなければ、火薬類の


  装てん箇所に接近しないこと。



ロ、電気雷管以外のものによった時は、点火後


  15分以上経過した後でなければ、火薬類の


  装てん箇所に接近しないこと。





  

|

試験問題解説

問   6



墜落、飛来崩壊等による危険を防止するため


事業者が講ずべき措置に関する次の記述の


うち、労働安全衛生法令上、誤っているのは


どれか。




答   5





解説



監視人の設置は、高所からの物体投下による


危険の防止です。



労働安全衛生規則  第536条



3m以上の高所から物体を投下する時は、、適当な


投下設備を設け、監視人を置く等危険防止措置を


講じること。





|

試験問題解説

問  5


建設機械等による労働災害を防止するため


事業者が講ずべき措置に関する次の記述の


うち、労働安全衛生法令上、誤っているものは


どれですか。





答 - 4





解説


労働安全衛生規則 第194条の9


高所作業車を用いて作業(道路上の走行作業を除く、


以下則194条の11まで同じ)を行う時は、あらかじめ


当該作業に係る場所の状況、高所作業車の種類及び


能力等に適応する作業計画を定め、作業計画により


作業を行うこと。





|

試験問題解説

問 4


荷役作業等における労働災害を防止するため


事業者が講じた措置に関する次の記述のうち、


労働安全衛生法令上、違反となるものはどれか。





答 - 5





労働安全衛生規則  第463条


事業者は、揚貨装置等を用いて、綿花、羊毛、


コルク等でベール包装により包装されている


ものの巻上げの作業を行う時は、労働者に


当該包装に用いられている帯鉄、ロープ又は


針金にスプリングのフックをかけさせてはなら


ない。





|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »