« お疲れ様 | トップページ | 試験問題解説 »

試験問題解説

第36回 労働安全コンサルタント試験


産業安全関係法令解説


試験問題の解説をできる範囲で行います。


知識不足で誤り等あるかも知れませんが、


私見として見てもらえたら幸いです。




問 1  安全管理体制について事業者が講ず

     べき措置に関する次の記述のうち、労働

     安全衛生法令上誤っているものはどれか。





答  2





解説



燃料小売業の事業場では、常時100人以上の

労働者を使用する事業場に安全委員会の設置

が必要です。




50人と100人で区分が分かりにくいかも

しれませんが、「安全管理者」の選任を要する

事業場を覚えるとき、分けて覚えませんでしたか?




安全管理者の選任を要する事業場



規模50人以上で次に掲げる業種の事業場



①林業、鉱業、建設業、運送業、清掃業





②製造業、電気業、ガス業、熱供給業、

 水道業、通信業、商品卸売業、家具・

 建具・じゅう器等卸売業、商品小売業、

 家具・建具・じゅう器小売業、

 燃料小売業、旅館業、ゴルフ場業、

 自動車整備業、機械修理業





①の製造業のうち危険作業の多い業種、

①の運送業のうち    〃   

②の自動車整備業、機械修理業

林業、鉱業、建設業、清掃業

が50人以上で、安全委員会設置が必要です。




知識が整理されていないと間違いやすい


問題でした。




 

|

« お疲れ様 | トップページ | 試験問題解説 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事