« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験練習問題

問 - 32



有害な作業環境に関する次の記述にうち

誤っているのはどれですか。





1、粉じんを著しく飛散する屋外又は坑内作業場

  では、注水等の粉じん飛散防止措置を講じる

  こと。





2、坑内作業場における炭酸ガス濃度を、

  18%未満にすること。





3、坑内作業場は、1月以内ごとに1回、定期に

  炭酸ガス濃度を測定する。





4、則第588条に規定する著しい騒音を発する

  屋内作業場は、6月以内ごとに1回、定期に

  等価騒音レベルを測定する。





5、病原体により汚染された排気、排液又は廃棄

  物は、消毒、殺菌等適切な処理をした後に、

  排出し、又は廃棄する。





回答は、コメントへ





 

|

« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答 - 2

炭酸ガス濃度は、1,5%未満、

酸素濃度は、18%以上です。

間違えないように。

投稿: 回答 | 2008年10月 1日 (水) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »