« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験練習問題

問 - 40



手持ち振動工具を使用する振動作業に関する

次の記述のうち、誤っているのはどれですか。





1、振動作業従事者の特殊健康診断は年2回で、

  うち1回は冬季に行わなければならない。





2、振動障害の発生部位は振動周波数によって

  異なり、低周波の場合は骨格系に、高周波

  の場合は血管系に現れる。





3、振動のばく露基準は、振動速度と振幅に

  よって決められる。





4、振動工具の取扱姿勢は、自覚症状または

  障害の発生部位に影響する。





5、振動工具の重量は、振動エネルギーの

  人体への伝達量と関係する。





回答は、コメントへ





  

|

« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答 - 3

投稿: 回答 | 2008年10月11日 (土) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »