« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験練習問題

問 - 39




騒音測定と聴力検査に関する次の記述のうち

誤っているのはどれですか。





1、等価騒音レベルとは、変動している騒音の

  平均エネルギーと等しいエネルギーの連続

  定常音の騒音レベルである。





2、単位作業場所の設定に当たっては、おおむ

  ね80デシベル以上の区域に限定してもよい。





3、等価騒音レベルの測定は、A測定、B測定の

  いずれも各測定点で10分間以上継続して

  行う。





4、騒音性難聴は、一過性聴力いき値上昇を

  生じないレベルの騒音に長時間ばく露されて

  も発生しない。





5、三分法平均聴力レベルは、500Hz、1000Hz

  、8000Hzの聴力の平均値である。





回答は、コメントへ





|

« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答 - 5

三分法平均聴力レベルは、

500Hz聴力レベル+1000Hz聴力レベル+

2000Hz聴力レベル/3  です。

投稿: 回答 | 2008年10月10日 (金) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »