« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験練習問題

問 - 33




作業構台に関する次の記述のうち、誤っている

のはどれですか。





1、作業構台は、仮設の支柱及び作業床等で構成

  され、材料若しくは仮設機材の集積又は建設機

  械等の設置若しくは移動を目的とする高さが

  2m以上の設備で、建設工事に使用するもの

  をいう。





2、高さ2m以上の作業床の床材間のすき間は、

  30cm以下とすること。





3、高さ2m以上の作業床の端で、墜落危険を

  及ぼすおそれのある箇所には、高さ75cm

  以上の手すりを設けること。





4、作業構台については、著しいねじれ、たわみ

  等が生じるおそれのない丈夫な構造でなけれ

  ば使用しないこと。





5、作業構台の構造及び材料に応じ、作業床の

  最大積載荷重を定め、労働者に周知させな

  ければならない。





回答は、コメントへ





|

« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答 - 2

床材間のすき間は、3cm以下とする。

投稿: 回答 | 2008年10月 2日 (木) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »