« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労f動安全コンサルタント試験練習問題

問 - 35




墜落等による危険の防止に関する次の記述

のうち誤っているのはどれですか。





1、高さが2m以上の作業床の端、開口部等で墜落

  危険がある箇所は、囲い、手すり、覆い等を設け

  ること。





2、スレート、木毛板等の材料でふかれた屋根上で

  作業を行う場合、踏抜き危険がある時は、幅が

  30cm以上の歩み板を設け、防網を張る等踏抜

  き防止措置を講じること。





3、高さ又は深さが2mをこえる箇所で作業を行う

  時は、当該作業従事者が安全に昇降できる

  設備等を設けること。





4、移動はしごは、丈夫な構造とし、幅は、30cm

  以上とすること。





5、脚立は、脚と水平面の角度を75度以下とし、

  かつ、折りたたみ式のものにあっては、脚と水

  平面との角度を確実に保つための金具等を

  備えること。





回答は、コメントへ





|

« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答 - 3

高さ又は深さが1,5mをこえる箇所です。

投稿: 回答 | 2008年10月 4日 (土) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »