« 全国労働衛生週間 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験練習問題

問 - 12



事務所又は工場の
用に供される建築物を他の

事業者に貸与する者(建築物貸与者)は、当該

建築物による労働災害を防止するため必要な

措置を行うことになっていますが、次の記述の

うち誤っているのはどれですか。




1、建築物の避難用出入口、通路、すべり台、

  避難用はしご等の避難用器具で共用の

  ものは、避難用である旨の表示をし、かつ

  容易に利用できるよう保持するとともに、

  その出入口又は通路に設ける戸を内開戸

  とすること。




2、危険物を製造し又は取り扱う時又は当該

  建築物の内部での就業者が50人以上の

  時は、非常の場合の自動警報設備や非常

  ベル等の警報設備又は携帯用拡声器等の 

  警報用器具を備え、これを有効に保持する

  こと。




3、工場用の建築物の排水設備については、

  汚水の漏水等が生じないよう補修その他

  必要な措置を講じること。




4、局所排気装置、騒音防止障壁等労働災害

  防止上の設備の設置について、建築物の

  変更承認、施設の利用等便宜供与を求め

  られた時は、これを供与すること。




5、建築物内の共用便所は、安衛則第628条

  の規定に適合すること。




回答は、コメントへ




  

|

« 全国労働衛生週間 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答ー1

出入口又は通路に設ける戸は、「引戸」又は

「外開戸」とすること。

投稿: 回答 | 2008年9月 1日 (月) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全国労働衛生週間 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »