« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験練習問題

問 - 26



機械による危険の防止の記述のうち

誤っているのはどれですか。





1、動力駆動の遠心機械は、1年に1回、定期に

  自主検査を実施し、記録を3年間保存。





2、粉砕機及び混合機の開口部から転落の

  危険があるときは、ふた、囲い、高さ90

  cm以上のさく等を設ける。





3、紙、布、金属箔等を通すロール機は、危険

  部分に囲い、ガイドロール等を設ける。





4、タービンローター、遠心分離機のバスケット

  等の回転体で、周速度が5m/秒を超える

  ものを高速回転体という。




5、高速回転体の回転試験を行う時は、

  遠隔操作の方法等高速回転体の破壊

  による危険のない方法によること。





回答は、コメントへ





|

« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答 - 4

高速回転体は、周速度が25m/秒を超えるものです。

投稿: 回答 | 2008年9月22日 (月) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »