« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験練習問題

問 - 22



労働安全衛生規則に関する記述のうち、

誤っているのはどれですか。




1、事業者は、有毒なガス、蒸気又は粉じんを

  発散する屋内作業場においては、その作業

  場内に休憩の設備を設けなければならない。




2、事業者は、水その他の液体を多量に使用す

  ることにより湿潤のおそれがある作業場の床

  及び周壁を、不浸透性の材料で塗装し、かつ

  排水に便利な構造としなければならない。




3、事業者は、身体又は被服を汚染するおそれ

  のある業務に労働者を従事させるときは、

  洗眼、洗身若しくはうがいの設備、更衣設備

  又は洗濯のための設備を設けなければなら

  ない。




4、事業者は、有害物、腐敗しやすい物又は

  悪臭のある物による汚染のおそれがある

  床及び周壁を、必要に応じ、洗浄しなければ

  ならない。



5、事業者は、一般の工場では、男性用と女性用

  に区別し、流出する清浄な水を十分に供給す

  る手洗い設備のある便所を設けなければなら

  ない。




回答は、コメントへ




|

« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答 - 1

投稿: 回答 | 2008年9月16日 (火) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »