« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験練習問題

問 - 21



労働安全衛生規則に関する記述のうち誤って

いるのはどれですか。




1、事業者は、酸素濃度が18%に満たない場所

  には、関係者以外の者が立ち入ることを禁止

  しなければならない。




2、事業者は、鋲打機の取扱いによる著しい騒音

  を発する屋内作業場については、6月以内

  ごとに1回、定期に等価騒音レベルを測定

  しなければならない。




3、事業者は、労働者を常時就業させる屋内作業

  場の気積を、労働者1人について、27㎥以上

  としなければならない。




4、事業者は、多量のドライアイスの取扱いによ

  る寒冷の屋内作業場については、半月以内

  ごとに1回、定期に気温及び湿度を測定しな

  ければならない。




5、事業者は、労働者を常時就業させる場所の

  照明設備について、6月以内ごとに1回、

  定期に点検しなければならない。




回答は、コメントへ




|

« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答 - 4


投稿: 回答 | 2008年9月16日 (火) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »