« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験練習問題

問 - 30




型わく支保工について、次の記述のうち

誤っているのはどれですか。





1、支柱の継手は、突合せ継手又は差込み継手

  とすること。





2、型わくが曲面のものである時は、控えの取付け

  等当該型わくの浮上りを防止するための措置

  を講じること。





3、パイプサポートを支柱として用いるものにあっ

  ては、パイプサポートを3以上継いで用いない

  こと。





4、パイプサポートを継いで用いる時は、3以上の

  ボルト又は専用の金具を用いて継ぐこと。





5、その日の作業開始前に、作業に係る型わく

  支保工について点検し、異常を認めた時は、

  補修すること。





回答は、コメントへ





|

« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答 - 4

4以上のボルト又は専用の金具を用いて継ぐこと。

投稿: 回答 | 2008年9月29日 (月) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »