« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験練習問題

問 - 27




フォークリフトに関する次の記述のうち

誤っているのはどれですか。





1、ヘッドガードの強度は、フォークリフトの

  最大荷重の2倍の値(その値が4トンを

  超えるものにあっては、4トン)の等分布

  静荷重に耐えるものであること。





2、上部わくの各開口の幅又は長さは、

  16cm未満であること。





3、運転者が座って操作する方式のフォーク

  リフトは、運転者の座席の上面からヘッド

  ガードの上部わくの下面までの高さは、

  95cm以上であること。



4、運転者が立って操作する方式のフォーク

  リフトは、運転席の床面からヘッドガードの

  上部わくの下面までの高さは、95cm以上

  であること。





5、フォークリフトは、1年を超えない期間ごと

  に1回、定期に自主検査を行うこと。





回答は、コメントへ





|

« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答 - 4

高さは、95cmではなく1,8m以上です。

投稿: 回答 | 2008年9月24日 (水) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 労働安全コンサルタント試験練習問題 | トップページ | 労働安全コンサルタント試験練習問題 »