« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

練習問題

問 - 4

労働の安全度の支配要因について、次の記述のうち

誤っているものはどれですか。



1、労働の安全度は、物的諸条件と人的諸条件

  の「積」であり、片方がゼロであれば、労働の

  安全度はゼロとなる。



2、人的諸条件の安全度は、労働者の作業能力

  と作業意欲の「積」であり、いずれかがゼロで

  あれば人的条件の安全度もゼロになる。



3、労働者の作業能力は、その生理的能力と精神

  的能力の「積」で決まり、片方がゼロであると、

  作業能力はゼロとなる。



4、労働者の作業意欲は、基礎的な意欲と直接的な

  意欲の「積」であり片方がゼロであると作業意欲

  はゼロとなる。



5、職務条件および労働時間、休憩などの労働条件

  は、作業能力、作業意欲に影響を与えやすい。




回答は、コメントへ




|

« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答 - 4

労働者の作業意欲は、基礎的な意欲と直接的な意欲

の「積」ではなくて、「和」です。

投稿: 回答 | 2008年8月20日 (水) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »