« リーダー | トップページ | リーダーシップ »

作業指示の5原則

作業指示の5原則



①明確に

  まず指示者自身が内容を理解して

  単なる取次ぎは指示ではない

  暗示的な言い方は、指示にならない



②わかりやすく

  紛らわしい言い回し、難しい言葉をさける

  広い意味に使われる言葉は、具体的に



③急所を忘れず

  念をいれて行わなければやり直しに手数がかかる



④訳を話して

  必要性、重要性、緊急性など相手の理解を



⑤納得を確かめる

  相手の気持ちになって指示する


  

|

« リーダー | トップページ | リーダーシップ »

労働安全の知識」カテゴリの記事