« シンポジウム | トップページ | 就業規則 »

作業設備の安全化

「作業設備の安全化はレイアウトから」



レイアウトにあたって配慮すべきこと



1、常設通路はもちろん、運搬車、作業者などの

  進入路および非常通路等ができるだけ交差

  しないように配慮し、各通路を確保する。



2、作業の流れを考慮して作業設備を配置し、

  不要な運搬作業をなくす。



3、作業設備の配置にあたっては、保守点検

  が容易に行えるように配慮する。



4、作業設備の周囲に十分なスペースを確保

  し、原材料、製品などの置場は、運搬通路

  を考慮し、できるだけ広くとる。

|

« シンポジウム | トップページ | 就業規則 »

労働安全の知識」カテゴリの記事