« 作業手順書 | トップページ | リーダー »

費用徴収

労働安全衛生法違反で、支払われた労災保険給付

の30%相当額が徴収されることがあります。



労災保険法第31条第1項第3号には、事業主が

次の各号の一に該当する場合に適用されます。



(イ)法令に危害防止のための直接的かつ具体的

  な措置が規定されている場合に、事業主が当該

  規定に明白に違反したため、事故を発生させた

  と認められるとき。



(ロ)法令に危害防止のための直接的措置が規定さ

  れているが、その規定されている措置が具体性に

  欠けている場合に、事業主が監督行政庁より

  具体的措置について指示を受け、その措置を講ず

  ることを怠ったために事故を発生させたと認められ

  るとき。



(ハ)法令に危害防止のための措置が規定されてい

   ないが、事故発生の危険が明白かつ急迫である

   ため、事業主が監督行政庁より直接的かつ具体

   的な措置について指示を受け、その措置を講ず

   ることを怠ったために事故を発生させたと認め

   られるとき。

|

« 作業手順書 | トップページ | リーダー »

労働安全の知識」カテゴリの記事