« 産業安全関係法令 | トップページ | 産業安全関係法令 »

産業安全関係法令

安全関係法令




問  12


機械等の規制に関する次の記述のうち、労働

安全衛生法令上、正しいものはどれか。




答  2




解説:

個別検定は、検査対象となる機械の1台ごとに

         行われるもので、第2種圧力容器、

         小型ボイラー、小型圧力容器など

         です。



型式検定は、機械等の型式ごとに検査を受ける

         方式です。

        例えば、防じんマスクはメーカーが

        製造する型式ごとに検査を受け、

        防じんマスクの規格として定める

        構造と性能の基準を満たす製品で

        あるかどうかを検査されます。



個別検定と型式検定は、性格が異なるものです。


|

« 産業安全関係法令 | トップページ | 産業安全関係法令 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事