« 産業安全関係法令 | トップページ | 産業安全関係法令 »

産業安全関係法令

安全関係法令



問  8

掘削作業等における労働災害を防止するため

事業者が講じた措置に関する次の記述のうち、

労働安全衛生法令上、違反となるのはどれか。




答  2



安衛則第376条

(潜函等の急激な沈下による危険の防止)

事業者は、潜函又は井筒の内部で明り掘削

の作業を行うときは、潜函又は井筒の急激な

沈下による労働者の危険を防止するため、

次の措置を講じなければならない。

1 沈下関係図に基づき、掘削の方法、載荷の

  量等を定めること。


2 刃口から天井又ははりまでの高さは、

  1、8メートル以上とすること。




***「潜函」とは、ケーソン。

  土木、建築の基礎工事で地下水などの流入を

  圧縮空気によって防ぎながら中で作業ができる

  ようにした、コンクリート製、鋼製の箱。




長さで、1,6メートルは使われません。

1、5メートルは、昇降設備を必要とする高さ、深さ。

などがあります。

よく出てくる長さは、1、8メートル、2メートルです。

そこからも1、6メートル?と考えるといいのでは

ないかと思います。



|

« 産業安全関係法令 | トップページ | 産業安全関係法令 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事