« 産業安全関係法令 | トップページ | 産業安全関係法令 »

産業安全関係法令

安全関係法令



問ー6

建設業に属する事業の仕事を行う事業場に

おいて使用する足場、作業構台等の設備に

おける危険を防止するため事業者が講じた

措置に関する次の記述のうち、労働安全

衛生法令上、違反となるものはどれか。




答ー4



解説;安衛則575条の7

   (作業構台の組立て等の作業)

   事業者は、作業構台の組立て、解体又は

   変更の作業を行うときは、次の措置を講じ

   なければならない。

   1  組立て、解体又は変更の時期、範囲

    及び順序を当該作業に従事する労働者に

    周知させること。

   2  組立て、解体又は変更の作業を行う

    区域内には、関係労働者以外の労働者の

    立入りを禁止すること。


   つまり

   作業構台の組立て、解体又は変更の作業を

   行う区域内には、関係労働者以外の労働者

   は、立入禁止です。


  建設作業で関係労働者以外の労働者の立入

  禁止場所は他にもあります。


  安衛則171条の4

  安衛則194条の6

  安衛則245

  安衛則372条

  安衛則386条

  安衛則389条の8

  安衛則517条の3

  安衛則517条の7

  安衛則517条の11

  安衛則517条の21

  安衛則530条

  安衛則564条です。




  

|

« 産業安全関係法令 | トップページ | 産業安全関係法令 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事