« 産業安全関係法令 | トップページ | 産業安全関係法令 »

産業安全関係法令

安全関係法令解説



問ー4 伐木作業等における労働災害を防止

     するため事業者が講じた措置に関する

     次の記述のうち、労働安全衛生法令上

     違反となるものはどれか。




答ー2




解説;労働安全衛生法規則第481条

    (立入禁止)

   作業者は、造林、伐木、造材、木寄せ又は

   修羅による集材若しくは運材の作業(「造林

   等の作業」)を行っている場所の下方で、

   伐倒木、玉切材、枯損木等の木材が転落し

   又はすべることによる危険を生ずるおそれ

   のあるところには、労働者を立ち入らせては

   ならない。


  伐木作業等で立入禁止場所は、この他に

  安衛則482条、508条があります。


  法令とは関係ありませんが、問題作成者の

  意図を考えると細かい数字で誤りを作るのは

  なかなかできないと思います。

  やはり基本的なことが解っているかを問う

  問題を中心にどうしても作成します。

  それに過去の問題を見てみても、長文の選択肢

  細かい数字が羅列した選択肢で誤りは少ない

  です。

  問題を解くときに、先ずは細かい点は気にせずに

  全部読んでみることをお勧めします。

  それから細部まで検討するとよいと思います。


  現実に伐木作業、林業架線作業に詳しい方は

  一部の林業が盛んな地域で経験がある方です。

       それらを考えると、どうしても基本的な

  立入禁止、周知義務等の基本的な考えの理解が

  できているかどうかを問われたような気がします。

|

« 産業安全関係法令 | トップページ | 産業安全関係法令 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事