« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

練習問題

問ー86

電気による危険の防止について次の記述の

うち誤っているものはどれですか。





1、施工中の電気室等で、感電の危険の

  おそれのある場所では、囲い等を設け

  立入禁止とする。



2、手持型電灯等のガードは、容易に破損

  又は変形しないもので、電球の口金の

  露出部分に手が触れないものとする。



3、アーク溶接に使用する溶接棒のホルダー

  については、日本工業規格に定める規格

  に適合するもの又はこれと同等以上の絶

  縁効力及び耐熱性を有するものでなけれ

  ば、使用してはならない。



4、ドームの内部等伝導体に囲まれたところで

  著しく狭あいなところ又は高さ2m以上の

  場所で伝導性の高い接地物に労働者が

  接触するおそれがあるところで、交流アーク

  溶接の作業を行うときは、交流アーク溶接機

  用自動電撃防止装置を使用しなければなら

  ない。



5、電動機を有する機械又は器具で、電導性の

  高い場所で使用する対地電圧が100ボルト

  をこえる移動式又は可搬式のものについて

  は、漏電による感電の危険を防止するため

  感電防止用漏電しゃ断装置を接続しなければ

  ならない。




回答は、コメントへ



  

|

« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答ー5

1、○

2、○

3、○

4、○

5、×
  感電防止用漏電しゃ断装置を接続するのは、対地電圧が
  150ボルトをこえる電動機械器具です。


投稿: 回答 | 2007年8月27日 (月) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »