« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

練習問題

問ー63

酸素欠乏症等防止規則に関する次の記述の

うち、誤っているものはどれですか。





1、酸素欠乏症とは、空気中の酸素濃度が

  18%未満である状態をいう。


2、酸素欠乏危険場所で作業を行わせると

  きは、その日の作業を開始する前に空気

  中の酸素等の濃度の測定を行わなければ

  ならない。


3、空気中の酸素の濃度が20%である汚水

  槽内は、酸素欠乏危険場所には該当しない。


4、冷凍室の内部における作業に労働者を従事

  させるときは、その間、原則として出入口の

  扉が締まらないような措置を講じなければ

  ならない。


5、酒の醸造槽の内部の清掃作業に労働者を

  就かせるときは、酸素欠乏に関する特別の

  教育を行わなければならない。




回答は、コメントへ



|

« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答ー3

1、○

2、○

3、×

4、○

5、○

  酸素欠乏は、酸素濃度18%未満ですが、

  「酸素欠乏危険場所」は、具体的に列挙されており、     
  間違わないようしましょう。

投稿: 回答 | 2007年7月 9日 (月) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »