« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

練習問題

問ー73

機械による危険防止に関する次の記述の

うち誤っているものはどれですか。





1、事業者は、機械の原動機回転軸、歯車、

  ベルト等の労働者に危険を及ぼすおそ

  れのある部分には、覆い、囲い、踏切橋

  等を設けなければならない。


2、事業者は、上記踏切橋には、手すりを

  省略できる。


3、事業者は、回転軸、歯車、フライホール

  等に付属する止め金については、埋頭

  型のものを使用し、又は覆いを設けなけ

  ればならない。


4、事業者は、ベルトの継目には、突出した

  止め具を使用してはならない。


5、労働者は、踏切橋の設備があるときは、

  踏切橋を使用しなければならない。




回答は、コメントへ







|

« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答ー2

1、○

2、×
  踏切橋には、高さ90cm以上の手すりを設けなければ
  なりません。

3、○

4、○

5、○


投稿: 回答 | 2007年7月25日 (水) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »