« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

練習問題

問ー68

特殊健康診断に関する次の記述のうち、

誤っているものはどれですか。





1、有害物質による健康障害の大部分の

  ものは、自覚症状が他覚所見に先行

  して出現するので、この健康診断では

  問診に重きがおかれている。


2、業務歴と既往症の調査では、生活条件

  の変化について忘れないように聴取する。


3、現在の作業内容及び有害条件のばく露

  状態を把握してはじめて、適切な健診

  デザインができる。


4、対象とする特定の健康障害と類似の

  他の疾患との判別が、一般健康診断

  よりも一層強く求められる。


5、健診項目として、有害物の体内摂取量

  を把握するための生物学的モニタリング

  による検査が含まれているものがある。




回答は、コメントへ




|

« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答ー1

1、×
  健康障害の多くは、他覚的所見が自覚症状より先行して
  発症するので、健診結果の変化で早期に発見できます。

2、○

3、○

4、○

5、○

投稿: 回答 | 2007年7月18日 (水) 07時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »