« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

練習問題

問ー44

騒音による障害に関する次の記述のうち、

誤っているものはどれですか。





1、騒音性難聴は、騒音により中耳が障害を

  受けることにより生じる。


2、騒音性難聴は、通常の会話音より高い

  音から始まる。


3、騒音の存在は、そのための不快感の

  ほか、その中で特定の音を聞こうとす

  る努力による精神的疲労を生じる。


4、騒音性難聴は、初期には気付かない

  ことが多い。


5、騒音は、自律神経系や内分泌系へも

  影響を与え、いわゆるストレス反応を

  起こすことがある。




回答は、コメントへ



|

« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答ー1

1、騒音性難聴は、内耳の障害によって聴力低下するもので    す。

2、○

3、○

4、○

5、○

投稿: 正解 | 2007年6月11日 (月) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »