« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

練習問題

問ー55

労働衛生保護具に関する次の記述のうち、

誤っているものはどれですか。




1、防じんマスクは、有毒ガスの存在する場所

  酸素濃度が18%未満の場所では使用して

  はならない。


2、防じんマスクは、ヒュームに対しては、全て

  無効である。


3、防毒マスクの吸収缶は、その種類ごとに

  有効な適応ガスが定まっている。


4、防音保護具として耳栓と耳おおいのどち

  らを選ぶかは、作業の性質や騒音の性状

  で決めるが、非常に強烈な騒音に対しては

  両者の併用も有効である。


5、保護クリームは、皮膚に塗布して保護層を

  作り、有害物質が直接皮膚に付着しない

  ようにするものである。




回答は、コメントへ



|

« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答ー2

1、○

2、×
  防じんマスクは、粒子状物質(ミスト、粉じん、ヒューム)に
  使用します。

3、○

4、○

5、○

投稿: 回答 | 2007年6月26日 (火) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »