« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

安全週間

第80回 全国安全週間



平成19年度全国安全週間スローガン




「組織で進めるリスクの低減

     今一度 


  確認しよう  安全職場」


平成19年度全国安全週間実施要綱が発表

されています。下記要綱をご覧下さい。



http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/07/tp0701-1.html

|

練習問題

問ー58

衛生管理者の職務として、法令に定められていない

ものは次のうちどれですか。





1、労働者の衛生のための教育の実施に関する

  こと。


2、衛生推進者の指揮に関すること。


3、労働者の危険又は健康障害を防止するため

  の措置に関すること。


4、労働災害の原因の調査に関すること。


5、少なくとも毎週1回作業場等を巡視する

  こと。





回答は、コメントへ



| | コメント (1)

練習問題

問ー57

衛生管理者の選任に関する次の記述のうち、

法令に違反しているものはどれですか。





1、衛生管理者が疾病のため休業し職務

  を行うことができないので、代理者を

  選任した。


2、衛生管理者を選任したので、すみやかに

  所定の報告書を所轄労働基準監督署長

  に提出した。


3、常時使用する労働者が50人になってから

  12日後に、衛生管理者を選任した。


4、常時800人の労働者を使用する事業場

  において、衛生管理者3人のうち2人を、

  事業場に専属でない労働衛生コンサル

  タントから選出した。


5、常時130人の労働者を使用するスーパ

  -マーケットにおいて、第二種衛生管理者

  免許を有する者のうちから1人を選出した。




回答は、コメントへ


| | コメント (1)

練習問題

問ー56

海外派遣労働者の健康診断に関する次の記述

のうち、誤っているものはどれですか。





1、本邦外の地域に6月以上派遣した労働者

  を本邦の地域内の業務に就かせるときは、

  医師による健康診断を行わなければなら

  ない。


2、本邦外の地域に6月以上派遣しようとする

  労働者に対し、医師による健康診断を行わ

  なければならない。


3、この健康診断を実施した場合には、健康診

  断個人票を作成し、5年間保存しなければ

  ならない。


4、本邦外の地域に労働者を派遣する際に

  行う健康診断では、法令に基づく他の

  健康診断の日から1年間に限り、相当

  する項目を省略することができる。


5、身長の検査及びかくたん検査について

  は、厚生労働大臣が定める基準に基づき

  医師が必要ないと認めるときは省略する

  ことができる。




回答は、コメントへ



| | コメント (1)

練習問題

問ー55

労働衛生保護具に関する次の記述のうち、

誤っているものはどれですか。




1、防じんマスクは、有毒ガスの存在する場所

  酸素濃度が18%未満の場所では使用して

  はならない。


2、防じんマスクは、ヒュームに対しては、全て

  無効である。


3、防毒マスクの吸収缶は、その種類ごとに

  有効な適応ガスが定まっている。


4、防音保護具として耳栓と耳おおいのどち

  らを選ぶかは、作業の性質や騒音の性状

  で決めるが、非常に強烈な騒音に対しては

  両者の併用も有効である。


5、保護クリームは、皮膚に塗布して保護層を

  作り、有害物質が直接皮膚に付着しない

  ようにするものである。




回答は、コメントへ



| | コメント (1)

練習問題

問ー54

有害光線による職業性疾病に関する次の記述

のうち、誤っているものはどれですか。




1、レーザー光線は、眼に入ると網膜を損傷

  することがある。


2、赤外線は、生体に照射されると組織の

  深部まで透過し、吸収されて熱となる。


3、赤外線は、白内障を起こすことがある。


4、強烈な紫外線は、眼の網膜や角膜に

  吸収されて急性炎症を起こすことが

  ある。


5、マイクロ波は、紫外線よりさらに波長

  の短い電磁波をいい、紫外線と同様な

  障害を起こすことがある。




回答は、コメントへ


| | コメント (1)

練習問題

問ー53

職業性疾病に関する次の記述のうち、誤っている

ものはどれですか。




1、熱中症は、高湿環境下で発生する障害を

  総称した疾病で、熱射病や熱けいれんなど

  が含まれる。


2、凍瘡とは、しもやけのことで、異常な寒冷

  にさらされて発生する凍傷とは異なり、

  日常生活内での軽度の寒冷により発生

  する皮膚障害をいう。


3、潜水業務における減圧症は、浮上時より

  潜降時に発生しやすい。


4、騒音性難聴では、通常の会話より高い音

  から聞こえにくくなる。



5、騒音性難聴は、騒音により内耳が障害を

  受けることにより生じる。




回答は、コメントへ



| | コメント (1)

練習問題

問ー52

職業性がんに関する次の記述のうち、誤っている

ものはどれですか。





1、石綿粉じんは、肺がんや中皮腫という悪性

  腫瘍をおこすことがある。


2、金属水銀の蒸気は、吸入されて肝がんを

  起こすことがある。


3、ベンジジンなど染料中間体には、膀胱がん

  を起こすおそれのあるものがある。


4、ベンゼンは、造血機能の障害を起こすおそ

  れのあるがん原性物質である。


5、エックス線、ガンマ線などの電離放射線は、

  発がんや遺伝的障害を起こすおそれが

  ある。




回答は、コメントへ



| | コメント (1)

練習問題

問ー51

有害化学物質による職業性疾病に関する次の

記述のうち、誤っているものはどれですか。




1、有機溶剤に共通する有害性として、皮膚

  粘膜の刺激と中枢神経系の麻酔作用が

  ある。


2、鉛中毒による症状には、貧血、末梢神経

  障害、腹部の疝痛などがある。


3、マンガン中毒では、甲状腺障害や心臓

  障害の他、門歯・犬歯の黄色環がみら

  れる。


4、シアン化水素は、気道のみならず皮膚

  からも吸収され、細胞内の呼吸の障害

  を起こす。


5、カドミウムの急性中毒では上気道炎や

  肺炎、慢性中毒では肺気腫や腎障害

  がみられる。




回答は、コメントへ



| | コメント (1)

練習問題

問ー50

次の業務のうち、妊産婦以外の満18歳以上

の女性労働者であっても、就業させてはならな

いものはどれですか。





1、多量の高熱物体を取り扱う業務


2、著しく寒冷な場所における業務


3、鋲打ち機等の使用によって身体に

  著しい振動を与える業務


4、異常気圧下における業務


5、重量20kg以上の重量物を継続的に

  取り扱う業務


回答は、コメントへ



| | コメント (1)

練習問題

問ー49

次の報告書のうち、事業者が所轄労働基準監督

署長に提出を義務付けられているものはどれ

ですか。





1、定期自主検査実施結果報告書


2、有機溶剤等健康診断結果報告書


3、作業環境測定結果報告書


4、特別教育実施状況報告書


5、特定化学物質等作業主任者

  選任報告書




回答は、コメントへ


| | コメント (1)

練習問題

問ー48

酸素欠乏症等防止規則に関する次の記述の

うち、誤っているものはどれですか。





1、第一種酸素欠乏危険作業を行うときは、

  その日の作業を開始する前に、その

  作業場における空気中の酸素濃度を

  測定しなければならない。


2、酸素欠乏危険作業に労働者を従事

  させる場合は、原則として、当該作業

  を行う場所の空気中の酸素の濃度を

  18%以上に保つように換気しなけれ

  ばならない。


3、酸素欠乏危険場所の換気を行うときは、

  純酸素を使用してはならない。


4、鋼材が積み込まれていて、酸素の濃度が

  18%以上ある船倉の内部は、酸素欠乏

  危険場所には該当しない。


5、冷凍室の内部で労働者が作業している

  間、原則として、出入り口の扉が締まら

  ないような措置を講じなければならない。




回答は、コメントへ


| | コメント (1)

練習問題

問ー47

労働者に対して行う安全衛生のための特別の

教育に関する次の記述のうち、誤っているもの

はどれですか。





1、高圧室内作業に係る業務に就かせる者

  には、特別の教育を行わなければなら

  ない。


2、特定粉じん作業に係る業務に就かせる者

  には、特別の教育を行わなければなら

  ない。


3、教育の科目について十分な知識及び

  技能を有していると認められる者に

  対しては、当該科目についての教育

  を省略することができる。


4、衛生管理者を選任しなければならない

  事業場では、衛生に係る特別の教育

  は衛生管理者に行わせなければならない。


5、安全衛生のための特別の教育を行ったとき

  は、その受講者、科目等の記録を作成し、

  3年間保存しなければならない。


回答は、コメントへ


| | コメント (1)

練習問題

問ー46

次の作業場と作業環境測定の回数との組合せ

のうち、誤っているものはどれですか。





1、暑熱の屋内作業場

  ;半月以内ごとに1回


2、放射性物質取扱作業室

  ;1月以内ごとに1回


3、著しい騒音を発する屋内作業場

  ;6月以内ごとに1回


4、常時特定粉じん作業を行う屋内作業場

  ;6月以内ごとに1回


5、第二種有機溶剤等を使用して塗装を

  行う屋内作業場

  ;1年以内ごとに1回




回答は、コメントへ



| | コメント (1)

練習問題

問ー45

事業者が、6月以内ごとに1回、定期に、

行わなければならない健康診断として、

法令に規定されていないものは、どれ

ですか。




1、メタノールを取り扱う業務に常時従事

  させたことがあり、現に他の業務に

  従事させている労働者に特別の項目

  について行う、医師による健康診断


2、硫化水素を製造する業務に常時従事する

  労働者に対し、特別の項目について行う

  医師による健康診断


3、塩酸の蒸気を発散する場所における業務

  に常時従事する労働者に対して行う、

  歯科医師による健康診断


4、潜水業務に常時従事する労働者に対し

  特別の項目について行う、医師による

  健康診断


5、クロム酸を製造する業務に常時従事

  させたことがあり、現に他の業務に従事

  させている労働者に対し、特別の項目

  について行う、医師による健康診断




回答は、コメントへ


| | コメント (1)

練習問題

問ー44

騒音による障害に関する次の記述のうち、

誤っているものはどれですか。





1、騒音性難聴は、騒音により中耳が障害を

  受けることにより生じる。


2、騒音性難聴は、通常の会話音より高い

  音から始まる。


3、騒音の存在は、そのための不快感の

  ほか、その中で特定の音を聞こうとす

  る努力による精神的疲労を生じる。


4、騒音性難聴は、初期には気付かない

  ことが多い。


5、騒音は、自律神経系や内分泌系へも

  影響を与え、いわゆるストレス反応を

  起こすことがある。




回答は、コメントへ



| | コメント (1)

練習問題

問ー43

職業性がんに関する次の記述のうち、誤っている

ものはどれですか。




1、クロム酸塩等の粉じん、ミストは、長期に

  わたって吸入していると、肺がんや上気道

  のがんを起こすおそれがある。


2、金属水銀の蒸気は、吸入されて肝がんを

  起こすことがある。


3、ベンゼンは、造血機能の障害を起こす

  おそれのあるがん原生物質である。


4、電離放射線のように骨髄を侵すものは、

  白血病を起こすおそれがある。


5、染料中間体には、膀胱がんを起こす

  おそれのあるものがあるが、ベンジジン

  はその代表的なものである。


回答は、コメントへ


| | コメント (1)

練習問題

問ー42

有害物質に関する次の記述のうち、正しいも

のはどれですか。




1、刺激性物質に長い間ばく露していると、

  その物質に対する抵抗力が増大し、障害

  が起こりにくくなる。


2、シアン化水素は、気道のみならず皮膚から

  も吸収され、細胞内の呼吸の障害を起こす。


3、水銀中毒で顕著にみられる症状には、

  貧血や鼻中隔せん孔がある。


4、硫化水素を吸入したり直接接触すると、

  組織を腐食したり血液系統を侵すことが

  ある。


5、マンガン中毒では、指の骨の溶解や

  肝臓の血液肉腫が注目されている。




回答は、コメントへ



| | コメント (1)

練習問題

問ー41

有機溶剤中毒予防規則による有機溶剤業務を

行う場合の措置として、法令違反となるものは

次のうちどれですか。




1、屋内作業場で第一種有機溶剤等を用いた

  作業を行うとき、局所排気装置を設けたの

  で、作業者に送気マスクも有機ガス用防毒

  マスクも使用させなかった。


2、通風が不十分な屋内作業場で第二種有機

  溶剤等を用いた作業を行うとき、全体換気

  装置を設けたので、作業者に送気マスクも

  有機ガス用マスクも使用させなかった。


3、空気清浄装置を設けていない屋内作業場

  の局所排気装置の排気口の高さを、屋根

  から2mとしている。


4、有機溶剤等を入れたことのあるタンクの

  内部で作業を行うとき、作業者に送気

  マスクを使用させ、局所排気装置も

  全体換気装置も設けなかった。


5、有機溶剤等を入れてあった空容器で

  有機溶剤の蒸気が発散するおそれの

  あるものを、屋外の一定の場所に集積

  している。




回答は、コメントへ


| | コメント (1)

練習問題

問ー40

特定化学物質等障害予防規則に関する次の

記述のうち、誤っているものはどれですか。




1、特定化学物質等を製造し、又は取り扱う

  業務に常時従事する労働者に対し、

  1年以内ごとに1回、特別の項目による

  健康診断を実施しなければならない。


2、局所排気装置については、1年以内ごとに

  1回、定期に、自主検査を行わなければ

  ならない。


3、硫酸を含む排液については、有効な処理

  方式による排液処理装置を設けて処理

  しなければならない。


4、アルキル水銀化合物を含有する残さい物

  については、除毒した後でなければ、

  廃棄してはならない。


5、特別管理物質を取り扱う作業に常時

  従事する労働者の作業記録は、当該

  労働者が当該事業場において常時

  当該作業に従事することとなった日

  から30年間保存するものとされている。





回答は、コメントへ


| | コメント (1)

練習問題

問ー39

局所排気装置に関する次の記述のうち、

誤っているのはどれですか。




1、囲い式、外付け式及びレシーバー式の

  フードのうち、最も効果があるのは囲い

  式フードである。


2、外付け式フードのうち上方吸引型は、

  一般に個別吸引型や下方吸引型より

  効果があるので広く用いられている。


3、フード開口面の周囲にフランジを付ける

  ことにより、フランジがないときに比べ

  少ない排気量で、所要の効果を上げる

  ことができる。


4、ダクトは、フード内に吸入した汚染空気を

  排気口へ向かって搬送するための導管

  である。


5、圧力損失は、ダクトの長さが長くなるほど、

  また、ベンドの数が増えるほど大きくなる。




回答は、コメントへ


| | コメント (1)

練習問題

問ー38

職業性疾病に関する次の記述のうち、

誤っているものはどれですか。




1、マンガン中毒では、筋のこわばり、ふるえ、

  歩行困難などの神経症状がみられる。


2、鉛中毒による症状には、貧血、末梢神経

  障害、腹部の疝痛などがある。


3、有機溶剤に共通する有害性として、皮膚・

  粘膜の刺激と中枢神経の麻酔作用が

  ある。


4、シアン化水素は、気道のみならず皮膚から

  も吸収され、細胞内の呼吸の障害を起こす。


5、一酸化炭素や硫化水素はそれ自体に

  有害性はないが、空気中の酸素濃度を

  減少させ、酸素欠乏症による障害を

  起こす。





回答は、コメントへ


| | コメント (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »