« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

練習問題

問ー25

じん肺法の関する次の記述のうち、誤っている

ものはどれですか。



1、じん肺の合併症の一つに肺結核がある。


2、常時粉じん作業に従事する労働者で、

  じん肺健康診断の結果じん肺の所見のない

  者については、3年以内ごとに1回、定期に

  じん肺健康診断を行わなければならない。


3、常時粉じん作業に従事する労働者で、

  じん肺管理区分が管理3である者につい

  ては、1年以内ごとに1回、定期に、じん肺

  健康診断を行わなければならない。



4、じん肺健康診断の結果、じん肺の所見が

  あると診断された者のじん肺管理区分の

  決定は、地方じん肺診査医の診断又は

  審査により、都道府県労働局長が行う。



5、じん肺の合併症にかかっていると認められ

  た者については、6月以内ごとに1回、

  じん肺健康診断を行わなければならない。





回答は、コメントへ


|

« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答ー5

1、○

2、○

3、○

4、○

5、合併症にかかっていると認められる者は、療養を要すること
  とされています。

投稿: 正解 | 2007年5月15日 (火) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »