« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

練習問題

問ー31

労働安全衛生規則に基づく健康診断に関する

次の記述のうち、誤っているものはどれですか。





1、定期健康診断において、血圧の測定は、

  厚生労働大臣が定める基準に基づき

  医師が必要でないと認めるときは省略

  することができる。


2、本邦以外の地域に6月以上派遣する

  労働者に対し、一定の項目について

  医師による健康診断を行わなければ

  ならない。


3、深夜業に従事する労働者の胸部

  エックス線検査は、1年以内ごとに1回

  定期に行わなければならない。


4、炊事場で給食業務に従事する労働者に

  対し、雇入れの際、検便による健康診断

  を行わなければならない。


5、定期健康診断を受けた労働者に対し、

  遅滞なく、当該健康診断の結果を通知

  しなければならない。




回答は、コメントへ


|

« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答ー1

健康診断で省略できないことがあります。

○定期健康診断の血圧の測定等

○雇入時健康診断では、医師の判断で省略できる項目は
  ありません。

投稿: 正解 | 2007年5月23日 (水) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »