« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

練習問題

問ー20

騒音に関する次の記述のうち、誤っている

ものはどれか。



1、騒音とは、人に不快感や生活妨害、健康

  障害をもたらす可聴域の音をいう。


2、騒音計のC特性で測定した音圧レベルを

  騒音レベルとよび、職場騒音の評価に

  用いられる。


3、等価騒音レベルとは、変動している騒音

  レベルをエネルギー的な平均値で表した

  値に相当する騒音レベルである。


4、騒音性難聴での聴力低下は周波数4000

  Hz付近から始まる。


5、聴力測定は、騒音作業終了直後は避けて

  実施する。



回答は、コメントへ


|

« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答ー2

1、○

2、騒音レベルは、A特性で測定した数値を用います。

3.○

4、○

5、○

投稿: 正解 | 2007年5月 2日 (水) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »