« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

練習問題

問ー12

有機溶剤中毒予防規則に規定されている事業者

の措置に関する次の記述のうち、誤っているものは

どれか。



1、有機溶剤作業主任者に局所排気装置を1か月

  を超えない期間ごとに点検させなければなら

  ない。


2、第3種有機溶剤を用いる洗浄の業務を行う

  屋内作業場は、作業環境測定の対象とされ

  ている。


3、空気清浄装置を設けていない局所排気装置

  の排気の高さは、原則として屋根から1.5m

  以上としなければならない。


4、第1種有機溶剤を用いて機械部品の塗装を

  行う屋内の作業場には、有機溶剤等の発散源

  を密閉する設備、局所排気装置又はプッシュブル

  型換気装置を設けなければならない。


5、第1種有機溶剤が6%、第2種有機溶剤が34%、

  第3種有機溶剤が60%の組成の混合物は、

  第1種有機溶剤である。





答は、コメントへ


|

« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答ー2

1、○

2、作業環境測定の対象となるのは、第1種、第2種有機溶剤
  であり、第3種有機溶剤は、作業環境測定は義務付けられ  ていません。

3、○

4、○

5、○

投稿: 正解 | 2007年4月19日 (木) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »