« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

練習問題

衛生管理体制に関する次の記述のうち、法令上

誤っているのものはどれか


1、事業者は、衛生管理者に、事業場における

  安全衛生に関する業務のうち衛生に係る

  技術的事項を管理させなければならない。


2、衛生管理者は、少なくとも毎週1回、作業

  場を巡視しなければならない。


3、常時使用する労働者の数が50人以上で

  ある事業場の事業者は、業種に関係なく

  産業医を選任しなければならない。


4、事業者は、その使用する労働者で作業環境

  測定を実施している作業環境測定士である

  ものを、衛生管理者として専任することが

  できる。


5、常時使用する労働者の数が10人以上50人

  未満の事業場の事業者は、業種に応じて、

  安全衛生推進者又は衛生推進者を選任

  しなければならない。





回答は、コメントへ


|

« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »

労働安全コンサルタント試験」カテゴリの記事

コメント

答ー4

1、規定の通り
2、衛生管理者は、毎週1回以上、産業医は毎月1回以上
  巡視しなければならない
3、規定の通り
4、作業環境測定士は、その資格だけでは衛生管理者にはな   れない。ただし、事業者が指名するば衛生委員会の構成員
  になれる
5、安全衛生推進者は、一定の業種に属する事業場について
  選任が必要。衛生管理者は業種のいかんを問わない

投稿: 正解 | 2007年4月 3日 (火) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習問題 | トップページ | 練習問題 »