« 労働者災害補償保険 | トップページ | 労働者災害補償保険 »

労働者災害補償保険

適用事業


適用除外

1、国の直営事業

2、非現業の官公署

3、船員保険の強制被保険者

原則として、国家公務員は国家公務員災害

補償法の適用を受け、地方公務員は、地方

公務員災害補償法の適用を受けます。

つまり、他に保険を受けられる人は二重には

加入できないということです。


又、労働者でない、個人事業主、法人の代表者

同居の親族などは原則として労災保険の適用を

受けません。ただし、特別加入できる場合もあります。



注意事項

アルバイト、パート、臨時雇い、日雇い労働者、

外国人労働者(不法就労者も含みます)も

労災保険法の適用を受けます。


|

« 労働者災害補償保険 | トップページ | 労働者災害補償保険 »

労災保険」カテゴリの記事