« 労災保険特別加入制度 | トップページ | 労災保険特別加入制度 »

努力義務

リスクアセスメント


生産工程の多様化・複雑化が進展するとともに、

新たな機械設備・化学物質が導入されるなど、

労働災害の原因が多様化し、その把握が困難

となっています。

このため、法令に規定されている最低基準として

の災害防止対策を遵守するだけではなく、

自主的に個々の事業場の危険性又は有害性等

の調査を実施し、その結果に基づいて適切な

労働災害防止対策を講じることが求められています。


事業者による自主的な安全衛生活動への

取り組みを促進することを目的としています。


努力義務とはいえ法律上位置づけられた意味は

大きいのです。

何もしないでも法律違反とはなりませんが、

労働局は、リスクアセスメントの普及促進に

努めると言っています。

つまり、何もしなくてもよいのではなく、的確に

実施されるよう指導されることなのです。

労働災害の多い事業場では、リスクアセスメントを

実施していますかと必ず指摘されます。


指摘・指導されるから、リスクアセスメントを実施

するのではなく、前向きに捉えて労働災害の防止

のために是非取り組みたいものです。





|

« 労災保険特別加入制度 | トップページ | 労災保険特別加入制度 »

労働安全衛生マネジメントシステム」カテゴリの記事